買い損じをしないためのポイント|フロアーベッドを快適利用するために役立つ知識を備えておこう
快適寝具.com

快適寝具.com

ポイントなどについて

選択を失敗しないようにする

フロアーベッドを始め、どんなベッドも買い損じがないようにしっかり選ぶ必要があります。ちゃんとしたものを選ぶためには、予め選択に重要なポイントを抑えておく必要があります。ポイントを抑えることで、快適な睡眠がとれるベッドを購入することができます。

QAで把握するポイント達

ベッドフレームはどんなものがあるか

ベッドフレームには大人一人用のシングルサイズを始め、大人二人と子供一人分程度の広さがあるキングサイズがあります。狭い部屋にキングサイズのベッドフレームを置いてしまうと大変なことになるので、使用する人数と部屋の大きさのことを考えてフレームを選びましょう。

色にもこだわったほうがいいのか

色は空間デザインの良し悪しに大きく関わってくるので、こだわったほうがいいでしょう。統一感を持たせるなら部屋の色と同じに、もしくは同系色にする必要があります。また、色だけでなく素材によっても雰囲気が変わってきますので、色と一緒に素材もチェックしておくといいでしょう。

マットレスの選び方はどうしたらいいか

マットレスは硬さで選ぶことになりますが、これは好みだけではありません。ベッドは毎日使うので健康状態に大きく関係してくるので、自分の体にあったものを選ぶ必要があります。腰痛やヘルニア持ちの人だと、硬めのマットレスが勧められています。

マットレスじゃなくて布団でもいいのか

布団でも大丈夫です。ですが、ベッドの大きさや種類によって布団に合うものとそうでないものが出てくる場合もあるので、どのベッドだと布団が使えるかチェックしておくといいでしょう。無難なものだと畳ベッドやすのこベッドが該当します。

買い損じをしないためのポイント

寝具

確認が欠かせない項目たち

ベッドフレームの種類や色、マットレス選び、そして布団の使用などの項目は購入前の確認には欠かせない項目です。これらはフロアーベッド以外のベッドを購入する際にも欠かせない情報です。これらをよく考えてからベッドを選びましょう。

フロアーベッドの種類

フロアーベッドの種類ですが、これはサイズだけじゃありません。すのこベッドや畳ベッドといったものもあります。実際布団で寝たいけどベッドを使いたいなどの理由から、すのこや畳のフロアーベッドを使っている人は多いです。

収納機能について

ベッドですが、中には収納機能が欲しいという人もいます。収納機能が欲しいという場合、フロアーベッドは候補から除外しておきましょう。なぜならフロアーベッドは脚がなく、床に近い位置にあることからベッド下に収納スペースがないからです。

広告募集中